電気給湯器とガス給湯器、どちらを選ぶべき?

買い替えやリフォームの際、お風呂の設備は重要な見逃せないポイントですね。お湯を沸かす給湯器には、ガスで沸かすか電気で沸かすか2通りの方法があります。給湯器を選ぶ上で、電気給湯器かガス給湯器、どちらがお得か迷う方が多いのではないのでしょうか。

今回はこの2つの給湯器について比較したいと思います。どちらのメリット、デメリットも踏まえたうえで、自宅の給湯器をどちらにするのが賢いやり方か、考えていきましょう。電気給湯器は火を使わない点で、ガス給湯器よりも安全だとされています。

電気ヒーターを用いてお湯を沸かすのが電気給湯器のやり方です。また、ガス給湯器は、電気給湯器よりもサイズが小さく、スマートです。配管をガスバーナーで温めてお湯を沸かすシステムなのがガス給湯器です。ガスバーナーを使って水を温めるガス給湯器は、ガスバーナーの火力が強いので、電気給湯器よりも光熱費がお得になるという利点があります。新たに設備を導入するときだと、ガス給湯器の方が電気給湯器よりも三分の一ほど工事にかかる金額が安いので、金額の面で言うと、設備にかかる費用と月々の費用は、ガス給湯器の方が経済的であると言えます。

ですが、ガス給湯器は不完全燃焼などに気を付けないといけないので、安全性だと電気給湯器の方がよいと言えます。寒い時にすぐにお湯が出るのも電気給湯器の良い点です。したがって、値段の面より安全面を考慮するとお勧めは電気給湯器です。この点を踏まえて、自宅ではどちらにすればよいか各家庭の状況を考慮してそれぞれの家の事情に合った給湯器を選べればよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です